ネコメボックス

【デスクスペース拡張】ロアスの机上ラックRK-630SWでスッキリした!

【デスクスペース拡張】ロアスの机上ラックRK-630SWでスッキリした!

デスクスペース拡張計画!

デスクスペースが狭くて困っている。

デスクが片づかない。

もうこれ以上整理整頓できない。

そんな人も多いでしょう。
かく言う私もそんな状態で困っていました。

家が狭いのでこれ以上大きなデスクは買えない。
じゃあ上の空間をうまく使えないか。

そんな時ロアスの机上ラックRK-630SWを発見。
自分の用途にピッタリなので購入しました。

設置してみてマジいい!
年初から良い買い物しましたよ。





デスクスペースが狭い!片づかない!

デスク周りが汚い。

これ地味に悩んでいました・・・

確かに衝動買いしたガジェットが
多いのもありますがあまりにも狭い!

本当は120cmのデスクを
もっと広いデスクに、欲を言えば
L字型のデスクにしたいんですが物理的に無理

残ったスペースは空間だけ。
液晶ディスプレイの上にモノを置くスペースを
作りたいと常々考えていました。

ロアスの机上ラックRK-630SWでデスクスペース拡張!

そんな時に出会ったのが
ロアスの机上ラックRK-630SW

23~27インチのディスプレイの上に
プリンターなどが置ける机上ラックです。

液晶ディスプレイの上を活用するには
この方法がベスト。

このタイプで他にないものか。

探してみたらありました。

引用:http://ecx.images-amazon.com/images/I/41LY3KAHlaL.jpg

引用:http://ecx.images-amazon.com/images/I/41LY3KAHlaL.jpg

スライド式 薄型テレビ用ラック。
普通のテレビ用ですがパソコンにも使えそうです。

ロアスの机上ラックは縦に伸びますが
このスライド式薄型テレビ用ラックは
横にも収縮可能。

サイズの応用がきくので
あらゆる場所で使える点が二重〇。
一瞬心変わりしました。


⇒スライド式 薄型テレビ用ラック ブラック 607205

しかしデメリットがありました。

  • 頑丈とは言えない。弱い
  • 液晶ディスプレイで使うと天板との間に結構な隙間ができる
  • 部品が入っていなかった、などいい加減

穴が合わない。値段なりという口コミも。
でも横と縦に伸び縮みするのは大きなメリット。
それを考えるとまだ許せた。

ただ地震が起きたことを考えたらどうか。
液晶ディスプレイの上に設置するわけですから
揺れに強くないと困る。

穴がずれていたり部品が欠けていたり。
ちょっといい加減なところがあるこの製品を
買っていいものか。

もちろんちゃんと使える商品で
人気もそこそこあるんですけどやっぱり怖い

その点ロアスの机上ラックはとても頑丈そう
ロアスは事務用品メーカー・ナカバヤシのブランドなので
その点シッカリしていて安心できました。

ロアスの机上ラックRK-630SWを設置してみた!

早速ポチったRK-630SW。
組み立てる必要がありでしたが
ネジ6本をしめるだけなので楽ちんだった。

ロアス RK-630SW レビュー

設置してみました。
背景がゴチャゴチャしているのは
ご容赦ください(笑)

たったこれだけなんですが
プリンター+αを置くスペースが減っただけで
思いの外デスクスペースが片づきました。

ロアス RK-630SW レビューあ、スピーカーを片付けるのを忘れてた(笑)

液晶ディスプレイはBENQのGL2460で24インチ。
机上ラックの高さは限界まで上げてあります。色はホワイトを選択。

 

ロアスの机上ラックを買って正解。
シッカリとした支柱で支えているので
全くグラグラしません。

ロアス RK-630SW レビュー

安定感はこの幅広の脚にあります。
事務用品メーカーの商品だけあって
この辺りは安心できます。

それでも万が一ということがあるので
100円ショップで耐震シートを買って
貼り付けました。これで一安心。

終わりに

ロアスの机上ラックで
デスクスペースを拡張しました。

もし液晶ディスプレイの下が空いていましたら
まずそこのスペースを拡張した方がいいです。

  • プリンターや小物を置きたい
  • 地震に強そうな机上ラックが欲しい

この用件を満たす商品の中では
ロアスの机上ラックのコスパが一番高かったです。

さらにモノが増えた時には
・・・自作しかないかもしれませんね(笑)


⇒ナカバヤシ 机上ラック 23インチワイド液晶モニター対応 木目 RK-630SM





この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントつぶやき何でもオッケーです!

*

COMMENT ON FACEBOOK

人気がある記事一覧

Return Top