ネコメボックス

【おすすめSIM】デジモノ付録の無料SIMを契約してhonor6で使ってみた!

【おすすめSIM】デジモノ付録の無料SIMを契約してhonor6で使ってみた!

雑誌の付録でSIMカードが入っていた!

雑誌「デジモノステーション 2016年2月号」に
SIMフリースマホなどに使えるSIMカードがついてきたのである。

おまけと侮るなかれ。
1ヶ月500メガ未満まで無料で通信できる
SIMなのだ。やっべぇぞ!

早速先日買ったhonor6 plusに入れて
契約してみたのでレポします。





何だと!雑誌「デジモノステーション」の付録が無料SIM??

12月25日発売の雑誌「デジモノステーション 2016年2月号」に
SIMカードが付録でついてくると知った。

しかもそのSIMは月500メガ未満まで
通信量がかからず無料

買おうかと迷ったがすでに楽天モバイルと
契約しているので必要性が見当たらなかった。

ASUSの白ロムタブAST21でドコモSIMは
使えないと知って興味もなくなる。

雑誌を買っておいて寝かせておけばとも
考えたが2016年2月24日までに開通しないと
意味がないようなので諦めていました。

あれ?honor6 plusってデュアルSIMじゃん!

次の日。

honor6をいじっていた時に気がついた。
このSIMフリースマホってデュアルSIMじゃん。

ってことはデジモノの付録をサブとして
入れておけばお得じゃないか!と気がついた。

とりあえず雑誌を買おうとネットを検索するも
見当たらない。気がつけば”神SIM”と呼ばれて
プレミア価格で売られる存在になっていたんです。

ただ書き込みを探してみると
「コンビニや本屋ならまだ売っている」
という情報が。

急いで着替えて外へ。
幸いすんでいる町は都心に近くないし
まぁすぐに買えるだろうと高をくくっていた。

駅前をぶらり。全滅!
帰り際のコンビニも全滅!
大型ショッピングモールの本屋もない!
・・・いや、あった!

2冊買おうか迷ったが
多分いらないだろうと1冊だけ買いました。

デジモノ付録の無料SIMを契約してhonor6で使ってみる

デジモノの付録についてきたSIMは
So-netのSIMでした。

SIMカードの基本仕様は以下の通り。

  • nano SIM
  • データ通信専用(SMSなし)
  • 499MB未満:0円
  • 500MB~2047MB:100~1500円
  • 2048MB~:1600円
  • 速度制限:5GBまでなし

つまりデータ通信で499MBまで無料。
通信量超過しても1600円までしかかからないという
極めて良質のSIMです。

ただし注意点が2点

  • 契約はクレジットカード
  • 3ヶ月通信がないと自動的に解約

ネットの情報によると3ヶ月無料の範囲で
使っても解約されることはないそうだ。
(詳しくはSo-netへ)

早速、0SIM by so-netをhonor6で契約する

honor6 ダブルSIMまずはhonor6にnano SIMを挿入。
左がMicro SIMで右がnano SIMとMicro SDカード用のスロット。

MicroSDカードとnano SIMは同時に入れることは
できないので注意。
honor6のRAMは32GBなので
SDカードは外してみました。

契約は簡単。

SIMカードの番号などを入力して
クレジットカードなどの個人情報を入力すればすぐ終わる。
後はスマホにAPN情報を追加するだけ。

honor6 デュアルSIM

スロット1が楽天でスロット2がSo-net。
切り替えはすぐにできるので入れっぱなしで
大丈夫そうだ。

ちなみに19時頃に通信してみたら
ダウンロードが4Mbpsでアップロードが0.52Mbpsだった。
遅いけど時間帯をずらせばもっと早くもなるだろう。
使えないことはない。

通信量監視アプリで500MBを超えないように
すれば無料で使えるっていうのは嬉しい。

何かあった時のサブSIMとして、
SIM初心者用などと損のない
おすすめなSIMの紹介でした!





この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントつぶやき何でもオッケーです!

*

COMMENT ON FACEBOOK

人気がある記事一覧

Return Top