ネコメボックス|WiMAXヘビーユーザーのガジェットブログ

ガジェットを見るとワクワクしてしまう人のブログ【 WiMAX / モバイル / ポータブルオーディオ / パソコン / カメラ 】

【簡単】HDR-CX680子供用に購入レビュー!レンズフィルターやケースも




【簡単】HDR-CX680子供用に購入レビュー!レンズフィルターやケースも

子供が幼稚園に入るのでビデオカメラを購入しました。ソニーのHDR-CX680です。

アクセサリーにレンズフィルターとケースもついでに買いました。

 

「スマホや一眼カメラあるからいらないかも」と最初は思っていましたが、いやぁ~撮影がめちゃめちゃ簡単で楽なんですよね。

録画ボタンをピッと押して撮影するだけなんで、機械が苦手な妻にも撮影をまかせやすかったです。

実際に使ってみた感想・気づいた点などをレビューしたいと思います。

Sponsored Links

人気のHDR-CX680を購入。CX470を選ばなかった理由

手ぶれ補正が強力で軽くてコスパが高いソニーのHDR-CX680を選びました。

CX470の方が安くて軽いんですがCX680の方がベーシックモデルなので安全・安心を考えてチョイス。

CX470はCX680と比較して

  • 電源オフ時に自動でレンズカバーが閉じない(手動)
  • 撮影時間が45分短い(FHモード)(内蔵メモリが半分)
  • タッチパネルじゃない。画面も小さい
  • Wi-Fi接続できない
  • マイクが2ch

CX470でコストカットされた部分はこれだけあります。

「カバー閉じるの忘れてレンズが傷ついた」

「画面をタッチして選べないからイライラ」

CX470を選んだら後悔するのが目に浮かぶのでCX680にしておきました。

 

空間光学手ブレ補正搭載 内蔵メモリー64GB



一眼レフカメラあるけどビデオカメラを買った

α6000

愛用しているミラーレス一眼α6000があります。

  • 簡単に撮影できる
  • 動画に特化したカメラは使いやすい

子供の撮影、幼稚園などの催し物は一発勝負です。

手間取って大事なシーンを逃した場合のデメリットを考えたら簡単に使えるビデオカメラのメリットが大きく感じました。詳しくはこちらの記事でまとめています。

⇒【子供の運動会・お遊戯会】ビデオカメラと一眼レフを比較!メリットとデメリット

 

ソニーのHDR-CX680を選んだ理由

機械が苦手な人(今回は妻)でも使えるカメラを選びました。

主な使い道は“子供の撮影”です。私だけでなく妻も使う可能性があるのでなるべく簡単なのがいい。

 

4kにするかハイビジョンにするか。

4kは重くて値段も高い。特にCX680が305gに対して4kのFDR-AX45は510gもあります。小柄な妻からぶーぶー言われる可能性が高いので安くて軽いハイビジョンビデオカメラにしました。

 

メーカーと機種は?

候補に挙がったのはソニーのHDR-CX680パナソニックのHC-W580Mです。

一番重要視したのは手ぶれ補正。三脚が使えないことを考えました。

パナのW580Mはソニーよりズームできてワイプ撮影という2画面撮影(テレビのVTRでよくあるヤツ)ができます。

正直迷ったんですが手ぶれ補正が強力なソニーのHDR-CX680に。

ワイプ撮影あんまり使わなそうだし、持ち歩きながら撮影することを考えて選びました。

 

型落ちか新製品か。

1つ前のモデルCX675とCX680はメモリ容量が違うだけで機能は同じ。

値段が安かったら型落ちでも良かったけどあんまり変わらなかったので、新しいモデルのHDR-CX680にしました。

 

【子供用】ソニーHDR-CX680購入レビュー!

ソニー HDR-CX680 購入レビューソニーのハンディカムHDR-CX680です。

 

ソニー HDR-CX680 購入レビュー

  • ACアダプター(USB接続)
  • バッテリーパック
  • USB接続ケーブル
  • HDMIケーブル
  • 説明書・保証書

箱の中にはカメラの他に以上のモノが入っていました。

 

ソニー HDR-CX680 購入レビュー外で使って黒だと熱を吸収するかもと思ってホワイトを選択。外見は一般的なビデオカメラです。

 

ソニー HDR-CX680 購入レビューバッテリーパックを装着してみました。

パソコンと繋ぐUSBケーブルは手持ちバンドにスッポリ入るようになっています。

もう少しコードが長ければ・・・と思いましたが、撮影する時の邪魔にならないのでこれはこれでいいのかも。

 

ソニーHDR-CX680のアクセサリーも購入!ケース・レンズフィルター・キャップ・フィルムも

HDR-CX680をポチった後で慌ててアクセサリー購入。何かあったら困る。

ケースとレンズフィルターとキャップ、画面フィルターも一応買っておきました。

 

HDR-CX680のケース

HDR-CX680 ケースエレコムのビデオカメラケース ショルダーベルト付(Lサイズ)です。

 

HDR-CX680 ケース エレコム エレコム ビデオカメラケース ショルダーベルト付バッテリーをつけたHDR-CX680と予備バッテリーがギリギリですが入りました。

編み目のポケットにテレビに映し出すHDMIケーブルを入れています。

 

HDR-CX680 ケース エレコム エレコム ビデオカメラケース ショルダーベルト付ショルダーベルトが付。肩から提げて持ち歩くことができて便利。いらなかったらベルトを外せます。

⇒エレコム ビデオカメラケース ショルダーベルト付

 

HDR-CX680のレンズフィルターとレンズキャップ

HDR-CX680 レンズフィルター KenkoKenkoのレンズフィルター46mmです。ゴミが入るのを防ぐために買いました。

純正品ではありませんが、シッカリとネジ山にハマって問題なかったです。

⇒Kenko レンズフィルター MC プロテクター NEO 46mm

 

HDR-CX680 レンズキャップ ハクバHAKUBAのレンズキャップ 46mmです。

落下防止用のひもがありましたが私はポケットに入れておくので外しちゃいました。

⇒HAKUBA レンズキャップ レンズプロテクトキャップ 46mm

 

HDR-CX680 レンスフィルター レンズキャップHDR-CX680にレンズフィルターとレンズキャップをつけるとこんな感じです。

カメラの電源が入っていなければ自動でレンズが閉じますが撮影中は無防備。ビビりなので一応買いました。

 

HDR-CX680の画面フィルム

HDR-CX680 画面フィルム液晶保護フィルムも購入。晴天下でも見やすいし傷防止になります。

タッチパネルはペタペタ触ることが多いので買った方がいいと思います。

⇒HDR-CX680 液晶保護フィルム(低反射タイプ)

 

HDR-CX680のアクセサリー他

予備のバッテリとMicro SDカードも買いました。

予備バッテリと充電器は純正だと高い・・・。とりあえず互換バッテリーにしました。

とりあえず撮影できます。劣化は早いかもしれませんがしょーがない。

 

Micro SDカードは使うかわからないのでとりあえず32GB。

HDR-CX680は内蔵メモリが64GB。AVCHD 60pでだいたい5時間くらい撮れます。結構長い!

5時間も撮れるならSDカードいらないかなと思います。

 

簡単!HDR-CX680で試し撮り。説明書読まなくてもわかる感じ

  • 液晶を開けば自動的に電源が入ります。
  • 動画はバッテリーの右側にある録画ボタンを押すだけ。
  • 写真はカメラ上のボタンを押すだけ。
  • ズームはカメラ上のボタンを左右に倒すだけ。

基本的な操作は以上の4点。

オートで撮るならこれだけです。簡単なので直感でできますね。

ソニーHDR-CX680で△なところ

HDR-CX680で試し撮りした時には特に感じませんでしたが、高速ズーム時にピントが合うのが少し遅いという点があるようです。

普通のズームは大丈夫。高速でズームする機会がある場合は注意してください。

 

娘の幼稚園で早速HDR-CX680を試してみた

HDR-CX680で試し撮りしました。娘の幼稚園で運動会があったからです。まだプレ教室なのでゲスト参加。来年に向けて色々と試してみました。

 

幼稚園 運動会 撮影距離娘の幼稚園は広い園庭でした。Google MAPで距離を測ると対角でだいたい60mくらい。

さすがに写らないかな・・・と思ってズームしてみると、バッチリ子供の顔が見えます!!!(驚き)

 

ビデオカメラ初めてだったのでここまでズームできるとは思いませんでした。

とりあえず幼稚園での撮影は大丈夫っぽいです。

娘の踊りやちょっとしたかけっこを無難に撮れてホッとしました。

 

チャンスは一度っきり。大したことないとは思いつつも責任重大ですからね。(後で怒られる)

仕事で運動会を観に来られなかった両親もバッチリ写った娘の姿を観て喜んでくれました。

 

HDR-CX680の設定。キレイな動画を撮るために

運動会を試し撮りした後でHDR-CX680の設定を変えました。

  • 画質・画像サイズ→フレームレート→60iから60pに
  • 画質・画像サイズ→同時ビデオ記録→オフ
  • セットアップ→一般設定→操作音→切
  • 手ぶれ補正→インテリジェントアクティブ

SNS用と編集用の2つ動画が生成されるようになっていますのでそれをオフ。

キレイな動画撮れるようにフレームレートを60pに変更。(動画サイズは大きくなる)

静かなところで撮影する時に音がするのが気をつかうので操作音を切に。

手ぶれ補正をアクティブから強い補正がかかるインテリジェントアクティブに変更しました。

 

まとめ

初めてのビデオカメラ・ソニーのHDR-CX680を買いましたが簡単。

「いや、私無理」って言っていた妻に渋々試し撮りしてもらいましたが、ボタン押すだけだったのですぐ撮影できてました。

 

ビデオカメラを手持ちで長時間撮影してると手が疲れてしまいます。(頭より持ち上げるとなおのこと疲れるw)

そんな時に手ぶれ補正が強力なビデオカメラだと安心です。後はもっとビデオカメラに慣れて撮影技術をあげねば。。

いろいろと勉強していきたいと思います!

空間光学手ブレ補正搭載 内蔵メモリー64GB



Sponsored Links

コメントつぶやき何でもオッケーです!

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top