WiMAXルーターW04はレンタルで再利用できる!マイクロSIM最後の最新機種

WiMAXのルーターW04は古い機種ですが「マイクロSIM最後の機種」というメリットがあります。

ですからDMMいろいろレンタルなどを利用してWiMAXを安く済ませたい方にはまだまだ利用価値が高いです。

 

DMMいろいろレンタル で最安機種(W01など)を選んで、W04にSIM交換すればネットの使い勝手が格段にあがるんです。「レンタル品を壊して高額な料金を請求された…」という危険性も回避できます。

 

W04の特徴は「縦型」と「最大下り速度が440Mbps」

「感度は良くなったのか?」

「使い勝手は?」

「速度測定した結果は?」

旧機種W02と比較してどうなのかレビューします。


Speed Wi-Fi NEXT W04は2021年現在まだまだ使える

W04の大きな特徴は「縦型表示」と「下り最大速度440Mbps」です。

過去の機種と比較してau 4GLTEを利用したハイスピードエリアモードに対応し、当時最先端の機種でした。

 

W04はマイクロSIM最後の機種

DMMいろいろレンタルなどを利用してなるべく安くWiMAXを利用したいという方のニーズにピッタリ。

 

こちらの記事で、DMMいろいろレンタルでWiMAXを使うメリット・デメリットをWiMAXを10年以上使ってきた筆者の視点でまとめています。

W04・W03・WX03のスペックを比較

W04 WX03 W03 比較

W04を選ぶメリットは「ハイスピードエリアモード」と「下り最大速度」です。

逆にデメリットは「連続通信時間」と「重さ」。少しでも軽く通信時間が長い機種が良いならW03がいいと思います。

 

Speed Wi-Fi NEXT W04のレビュー!

W04 レビュー

W04は当時契約したBiglobe WiMAXで選びました。

 

W04 レビュー

W04の箱とSIMカードです。 箱はW02と同じでした。

 

W04 レビュー

内容物。W04本体に説明書、USBケーブルです。

W05以降再び横型になってしまったので、縦で使えるW04はある意味貴重です。

 

 

W04 レビュー

縦型は持ちやすいし見やすい。

しかしルーターをひんぱんにいじることはあまりないので、横型表示に戻ってしまったのだと思います。

 

 

W04 レビュー

W02とW04を重ねてみます。W02とW04の厚みは1.1cmと1.4cm。

W04はルーターの厚みが感じられますが、ルーターなんていじり倒すものでもないので気になりませんでした。

 

 

 

W04 レビュー

SIMカードスロットと電源ボタンが横にあります。

WiMAXは複雑な設定なしにSIM入れれば通信できるので便利です。

 

私はモバイルよりも固定回線と使うことが多かったのでW04のクレードルを購入しました。

透明な部分を取り外せばW05やW06で有線LANで使えますので安く手に入るならどうぞ。

 

W04の電波感度や速度測定を一週間計測した結果【W04とW02比較】

WiMAX回線を2つ契約していた時にW02とW04にそれぞれSIMを入れて計測した結果です。

結論を言えばW02もW04も使い勝手に変わりはありませんでした。

 

W04の感度。変わらず

ぶっちゃけ感度はW02と変わりません。いつも通りのWiMAXという感じです。

固定回線として使ってみても、持ち運んで使ってみても特につかみの良さを感じませんでした。

 

W04の速度測定。上り速度が上昇!

W04 レビュー 速度測定

W04の速度測定結果

W04とW02の速度を計測した結果、上り速度だけ違いました。

 

W02が最大下り速度220Mbps。理論上、倍の速度が出ておかしくないはず。

しかし、実際に速度測定して見た結果、W02とW04はほぼ変わりません。

 

20~50Mbps位とバラツキがありましたが、ほぼ同じくらい。

 

W04 レビュー 速度測定

W02の速度測定結果

下り速度はほぼ変わらなかったんですが、上り速度は明らかに変わりました。

W02が5Mbps前後だったのに対して、W04は10Mbps前後に。

 

商品の発売元のページを見てみると、送信最大が10Mbpsから30Mbpsに上昇していたのでその恩恵を受けていたようです。

 

W04のWifi電波はどこまで届く?

W04のWi-Fi電波は家のどこまで届くのか。

3階建ての一軒家と3F建て賃貸アパート(いずれも鉄筋)でテストしています。(W04を使ってどこまでWifi電波が届くのか)

今では安価でWi-Fi中継機が買えますのであまり意味をなさないかもしれませんが、当時読者から質問があったので試してみました。

 

W04を安く購入してレンタル運用

W04を2021年現在DMMいろいろレンタル で使用しています。

W04⇒W05⇒W06⇒W04と2世代戻ってしまったのですが、使い勝手は全然変わらないですね。

普通に40~50Mbps前後出ていますし4K動画を垂れ流しするような使い方でないなら十分です。

 

もしW04を中古なり安く手に入れることができるならまだ使い道はありますし、新機種と比べて不満に感じる点は少ないと思います。

 

⇒W04の白ロムをアマゾンで探す

おすすめの記事