ワイヤレスキーボードk275購入レビュー!1週間使ってk270と比較してみた | ネコメボックス|WiMAXヘビーユーザーのガジェットブログ

ネコメボックス|WiMAXヘビーユーザーのガジェットブログ

ガジェットを見るとワクワクしてしまう人のブログ【 WiMAX / モバイル / ポータブルオーディオ / パソコン / カメラ 】

ワイヤレスキーボードk275購入レビュー!1週間使ってk270と比較してみた

ワイヤレスキーボードk275購入レビュー!1週間使ってk270と比較してみた

「キーボードの線が邪魔だな…」

「好きな場所でキーボードを使いたい!」

キーボードのコードのせいでデスク周りがウザいと感じたのならワイヤレスをおすすめします。

コードがないので見た目がスッキリしますし掃除もしやすくてホコリもたまりません。ワイヤレスキーボードはデスク周りがスッキリして作業がはかどりますのでこれだけでも選ぶ価値があるキーボードだと思っています。

 

安いワイヤレスキーボードといえばロジクール。

買い換えてもう10年ぐらいK270を使っていました。安いのに電池が長持ち、飲み物をこぼしたりするようなアクシデントがなければめったに故障しません。

 

テンキー付きのフルキーボードk275を購入しました。

安くて好評価だったk270の後継機種です。何度もコーヒーをぶちまけて挙動がおかしくなってきたので買い換えました。

k275使い始めて1週間ぐらい経ちましたが打ち間違えが減った気がします(笑)

  • k270からk275の形の違い
  • k270とk275の使い心地の違い

k270とk275を比較してどう変わったのか?使用感をレビューします。


ロジクールのワイヤレスキーボードk275買って満足です

ワイヤレス周辺機器はロジクールが一番です。繋がりやすく安いものから高いものまで揃っています。

私はマウスやキーボードはワイヤレス。無線環境になってからはずっとロジクール製。最近マウスをエレコムにしましたがキーボードはロジクールを使い続けています。

 

5年くらいロジクールのk270を使っていました。

2回コーヒーをぶちまけても問題なく稼動してましたが、最近コーヒーをまたぶちまけてしまって「そろそろ新しいのにするか」と思い至りました。

 

k275に買い換えて1週間以上経ちました。

キータッチとかおっ!と思わせるところがあり、とても満足しています。見た目、形、使い心地についてまとめてみました。

 

【見た目】ロジクールのワイヤレスキーボードk275購入レビュー!k270と比較

k275 ロジクール ワイヤレスキーボード 購入 レビュー k270 比較
「できるだけ安いワイヤレスキーボードが欲しい…」

そんな方におすすめなのがロジクールのワイヤレスキーボード。k270と値段が変わらなかったので新しいk275にしました。

フルサイズレイアウト薄型形状、静音設計、機能拡張Fキー、テンキ―、矢印キー付のフルサイズレイアウトのキーボード




k275 ロジクール ワイヤレスキーボード 購入 レビュー k270 比較箱を開けると、ワイヤレスキーボードとレシーバー、説明書が入っています。

Unifyingレシーバーがない!・・・と思ったらこの位置にありました。注意してください(^_^;

 

k275 ロジクール ワイヤレスキーボード 購入 レビュー k270 比較k270とk275を比較して一番変わった点は見た目です。

k270は黒でしたがk275は黒というよりグレーぽくなりました。(光の加減ではありません)色が変わって不評を集めています。少し野暮ったくなったかも。

 

k275 ロジクール ワイヤレスキーボード 購入 レビュー k270 比較キーボードトップにあるメディアコントロールキーの色が変わって見やすくなりました。

今までは他のキーと同色だったのでパッと見分かりづらかったので使いやすくなっています。

 

メディアコントロールキーで私がよく使うキーは左から2番目~4番目にある音量調整キーです。

フルスクリーンでゲームをしている時はタスクトレイのスピーカーアイコンで音量調整できませんのでキーボードにあるこのキーで調節しています。

k275にしてから探す手間が減りました。チラッと下を見ただけでキーの位置がわかるのでいいですね~

 

k275 ロジクール ワイヤレスキーボード 購入 レビュー k270 比較k270は白っぽい裏面をしていましたがk275は同色です。(購入後すぐに写真を撮りました)

k270は白っぽかったので文字が読みやすかったので黒っぽくなってちょっと残念。

 

k275 ロジクール ワイヤレスキーボード 購入 レビュー k270 比較Windowsキーも変わりました。

Windows10に合わせたデザインになったのはいいとしても、k270の方が触った感触が他のキーと違ってわかりやすかったのでちょっと残念。

 

k270とk275の見た目を比較して

メディアコントロールキーが見やすくなったのはいいものの、個人的に残念なところがありました。

致命的ではないですが「なぜ変えた?」という点が多かったですね(^_^;

でも見た目は見た目。

キーボードなんて普段使うときは視界に入ることはないのであまり重要視していません。やっぱり使い心地がどうなのか?というのが重要です。

 

【使用感】ロジクールのワイヤレスキーボードk275購入レビュー!k270と比較

k275 キーボード 使用感キーボードをk270からk275に変えて一週間。変化はあるかと考えたところ打ち間違えが減って気がします。

「k275とk270は同じ。変わったのは色だけ」

なんていう口コミもあったけどk270と比較してk275は何となく打鍵感が軽くなった。

 

キーボードを打った時の音もそう。

k270もk275も安価なワイヤレスキーボードなのでカシャカシャと音がするがk275の方が音が軽い。

 

初めてk275に触ったときはキータッチが軽くてスカスカしていると感じました。

しかし1週間使ってみてなんだか打ちやすい。もしかするとこの打鍵感の軽さが影響しているのかもしれないですね。

k275なのにUnifyingでk270と認識される

k275 k270 誤認識

付属のUnifying レシーバーをパソコンに取り付ければドライバー等が自動でインストールされて使えるようになります。

k275キーボードを購入したはずなのにパソコン上ではk270と表記されました。キーボードの裏面にはk275と書いてあるので間違いありません。

どうやらk275でもk270と表記されるようです。実際に使う分にはなにも問題はありませんが少し気持ち悪い。これが最大のデメリットかもしれません。k270を使ったことがあるパソコンだと画像のように表記されてしまいました。しかしワイヤレスキーボードを1つのPCで2つ使うケースはまれかなと思いますので大多数の方には関係ないと思います。

 

k275の打鍵感の軽さはなかなか良いです。普段ブログを書いていてキーボードを触る機会が多い身からするととても打ちやすく助かります。SteamのFPSゲームもこのキーボードで遊んでいますが問題ないですね。(オフラインですけど(^_^;)

コスパの高いワイヤレスキーボードを探しているならk275をおすすめしますね。

フルサイズレイアウト薄型形状、静音設計、機能拡張Fキー、テンキ―、矢印キー付のフルサイズレイアウトのキーボード



まとめ

  • 色がグレーっぽくなった
  • メディアコントロールキーが見やすくなった
  • 打鍵感が少し軽くなった
  • 1週間使ってみて打ち間違えが減った気がする

ロジクールの人気ワイヤレスキーボードk270の後継機種、k275をレビューしました。

 

ワイヤレスキーボードは繋がりやすさも重要。その点ロジクールは悪い口コミが少ないですし、電池切れしそうな時以外全く不便に感じたことがありません。

ワイヤレスキーボードは対人ゲームは向かないともいいます。しかしSteamのオープンワールドゲーム例えばFarCryやウィッチャー3を遊びましたが不便に感じることはなかったです。

k275はk270キーボードを使ったことがあるならスーッとなじみます。初めての方でももちろん問題ないです。

ワイヤレスキーボード使い続ける理由はデスク周りの解放感です。机がゴチャゴチャして嫌だと感じているなら1度試してみる価値があると思います。

フルサイズレイアウト薄型形状、静音設計、機能拡張Fキー、テンキ―、矢印キー付のフルサイズレイアウトのキーボード



Sponsored Links

コメントつぶやき何でもオッケーです!

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top