ネコメボックス

ステンレスを選んだ理由は?象印の電気ケトルCK-AW10が便利すぎたのでレビュー!

ステンレスを選んだ理由は?象印の電気ケトルCK-AW10が便利すぎたのでレビュー!

んん?何か臭い・・・

うちの電気ケトルは無印で安物。
そのせいか以前からプラスチック臭いなと
感じていました。

使えるうちはと考えていたんだけど
沸騰しているのにも関わらず
最近スイッチが切れない問題が発生!

色々と探した結果
象印のCK-AW10(ステンレス製)を買いました。

買ってみてビックリ!

沸くの早いし臭くない。
しかもちょっとした保温機能までついてた。
便利すぎたのでレビューすることに決めました。





ステンレスを選んだ理由はプラスチック臭

電気ケトルはたいていプラスチック
そのせいかお湯を沸かしたときに臭いがする。

そんなに気にする方じゃないので
すぐ忘れてしまうんですがたまに臭う。

そこで次電気ケトルを買うときは
ステンレス製にしようと考えていました。

しかしこれが意外とない(笑)

最初値段が安い電気ケトルを探してみるも
安いのはたいていがプラスチック。

やっと見つけたドリテックの
珈琲を入れるような電気ケトルは
口コミをみるとどうしても臭うそうだ。

そこで価格設定を上げて探したところ
今回買った象印の電気ケトルCK-AW10が見つけたので
速攻でポチッた。

象印の電気ケトルCK-AW10の実力は?購入レビュー!

象印 ck-aw10 レビューこちらが届いた象印の電気ケトルCK-AW10。
これから書きたい事が全部箱に書いてあります(笑)

 

象印 ck-aw10 レビュー色はブラウンとレッドがあったので迷わず赤。

ステンレスじゃないの?

内部がステンレス製になっています。
臭いが気になるからなんで
中だけステンレスなら十分です。

 

象印 ck-aw10 レビューふたを開けた状態。(α6000からhonor6に換えて撮影)

ふたが安い電気ケトルは違って
保温できる電気ポットみたいな作り。

これはお湯を沸かしている時に
湯気を外へ逃がさないためなのと
1時間保温できる機能のためかな。

内部の容器は【プラチナフッ素加工内容器】というそうで
何でもプラチナ加工のおかげでお茶の成分を
普通より多めに抽出してくれるそうです。(メーカーサイトより)

蓋が完全に分離します。
ここが賛否両論分かれるところ。

ふたと本体が分かれない方が
水を入れるときは楽です。

ただ、ふたが取り外せると
お手入れがすっごく楽です。

利便性を取るか、衛生面を取るか。
ちなみに蓋を取って給水する作業は
ひんぱんにやってたら慣れていました。

 

象印 ck-aw10 レビューこのCK-AW10は1リットルまで。

 

象印 ck-aw10 レビュースイッチ部分。

今まで物理スイッチだったので
ボタン式だと高い商品!という感じがしました。

沸かした事をお知らせするメロディーありと
無音が選べます。うちは無音。

沸かしていたことを忘れても
保温モードで沸かせば1時間は持つのが嬉しいところ。

象印の電気ケトルCK-AW10を箇条書きでまとめると

CK-AW10を使ってみて気に入っているところ
気になるところを箇条書きにしてみます。

良いところ

  • 1時間保温(すっごい便利!)
  • 臭くない。
  • 湯気が出ない。

気になるところ

  • 少し重い・大きい

CK-AW10はほぼまほうびんという
機能性を持たせたおかげで
大きく重くなっています。

例えばティファールの1.2リットルモデルは
1キロくらいなのに対してこれは1.3キロ。
300グラムちょっと差があります。

うちの嫁は150センチない小柄な女性ですが
グチグチ文句も言わずに使っているので
そんなに気にならないかもしれませんが。
軽さを求めるなら他がいいと思います。

象印の電気ケトルCK-AW10で紅茶を飲んでみた!

冷めないマグカップを以前買いました。
真冬になっても重宝しています。

このマグカップを買った時に
新しい電気ケトルが欲しいと目論んでいたので
早速試飲してみました。

 

エアマグ飲み物は2015年産のダージリン・
セカンドフラッシュ。
コーヒーより紅茶の方が映えます。

Airマグに飲み物入れて
Kindle paperwhite2015を読むのが至福の時。

最近青空文庫の平家物語を
読み終わりました。

 

さて感想。

CK-AW10で沸かしたお湯だとお茶の成分が
多く抽出されるとありましたが・・・わかりませんでした(笑)

カテキンがより抽出されるだけで
美味しくなるとは書いてないので
健康上良いというだけかもしれませんね。

まとめ

安い電気ケトルから象印のCK-AW10に
換えて結果的には正解。

プラスチック臭とおさらばできたし
カルキ抜き機能もついていたので
臭いで悩まされることはなくなった。

思えば実家のまほうびんは象印だった。
原点に戻っただけかもしれません。


⇒自動保温機能付き!ステンレス電気ケトル 象印 CK-AW10





この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントつぶやき何でもオッケーです!

*

COMMENT ON FACEBOOK

人気がある記事一覧

Return Top